アンケート実施マニュアル(厚生労働省 明るい職場応援団)

 ハラスメントの現状を把握するために実施するアンケート調査の例です。アンケート調査を定期的に実施することで、職場の中でハラスメント防止に対する意識が高まり、抑止につながります。
 最初は、このマニュアルの項目の通りに実施し、その後は質問を減らして定期的に実施してもよいでしょう。

トップのメッセージ(厚生労働省 明るい職場応援団 )

 ハラスメント防止対策の第一歩は、トップのゆるぎないメッセージです。「わが社は、ハラスメントを許さない!」ハラスメント防止対策を経営戦略として取り組み、継続していくことを宣言してください。
(「明るい職場応援団」ひな形1マニュアルより)
ハラスメントについて
ハラスメント行為は人権にかかわる問題であり、従業員の尊厳を傷つけ職場環境の悪化を招く、ゆゆしき問題です。当社は、ハラスメント行為は断じて許さず、すべての従業員が互いに尊重し合える、安全で快適な職場環境づくりに取り組んでいきます。
このため、管理職を始めとする全従業員は、研修などにより、ハラスメントに関する知識や対応能力を向上させ、そのような行為を発生させない、許さない企業風土づくりを心掛けてください。
○○年○月○日 ○○株式会社 代表取締役社長 □□□□

ハラスメント防止の基礎、過重労働対策書式

□ハラスメント関係資料ダウンロード(明るい職場応援団)
 https://www.no-harassment.mhlw.go.jp/jinji/download/

□36協定(厚生労働省)
 https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/hourei_seido_tetsuzuki/roudoukijun_keiyaku/36_kyoutei.html

powered by crayon(クレヨン)